1. >
  2. >
  3. 第1作 釣りバカ日誌
釣りバカ日誌

第1作 1988年12月24日
釣りバカ日誌

 釣りをこの上なく愛する浜崎伝助(西田敏行)は、鈴木建設四国支社高松営業所・営業課に勤務の釣りバカ社員。終(つい)の住処と女木島に一軒家を購入、釣り三昧の日々を過ごしていた。ところが、本社人事部のコンピューターの入力ミスで、東京本社・営業部・営業三課に配属させられてしまう。やがて伝助と、鈴木建設創業者で社長の鈴木一之助(三國連太郎)が、ひょんな事から知り合い、釣りを通じての秘密の関係が始まる・・・
 平成元年のお正月映画として公開された記念すべき第一作。すでに輝かしいキャリアを築いていた西田敏行が、趣味と家庭のみに生きるサラリーマンをイキイキと演じて代表作となった。三國連太郎もまた、日本を代表するベテラン俳優だったが、この異色のキャスティングは大きな話題となった。「ハマちゃんとスーさんの秘密の関係」は、初期作品の笑いを生む原動力となっている。谷啓の佐々木課長、中本賢の太田八郎といったレギュラーも本作から登場。

ゲスト
  • 江戸屋猫八
  • 名古屋章
  • 鈴木ヒロミツ
ロケ地
  • 香川県 高松市
スタッフ
  • 監督:栗山富夫
  • 脚本:山田洋次、桃井章
  • 原作:作/やまさき十三 画/北見けんいち
  • 撮影:安田浩助
  • 音楽:三木敏悟
  • 美術:重田重盛

ゲスト

太田善吉

(江戸家猫八)

太田八郎の父・善吉は、釣宿・三河屋を切り盛りしている名物オヤジ。ある日、事務の手伝いを探している,と伝助に相談する。そこで伝助は、一之助に仕事を世話することにするが・・・

野口勝男 所長

(名古屋章)

高松営業所所長。「大体、君みたいなリクリエーション大会以外に、何の役にも立たん男を東京にやるなんて考えもしなかった」と、転勤拒否する伝助に、たまりにたまった思いをぶちまける。仕事一筋の頑固者。

柏木課長

(鈴木ヒロミツ)

高松営業所の課長で、伝助の高松時代の上司。趣味は釣りで、同じ釣りバカ同志、釣果の話でごまかす伝助に、つい遅刻を許してしまう。

ハマちゃん、スーさん

ハマちゃん
スーさん

創業者であり社長として懸命に会社を育て上げてきたスーさんが、釣りを趣味にしたのはハマちゃんとの出会いあればこそ。会社近くの定食屋で、スーさんが残した焼き魚を「食べてやるのが魚の供養」とハマちゃんが声をかけたのがきっかけで、スーさんを釣りに誘い、二人は師弟関係となる。

鈴木建設

鈴木建設

高松営業所では、野口所長(名古屋章)が、転勤命令にイヤだからと応じないハマちゃんにあきれ果てている、ハマちゃんのいわば天敵。コンピューターのミスで東京の営業三課に配属されると、マイペースなハマちゃんの新たな天敵は、万年課長の佐々木和男(谷啓)となる。

浜崎家

浜崎家

スーさんを、可哀想な老人と思い込んだハマちゃんと一緒に、その身を案じるなど、みち子さんは内助の功を発揮。しかしスーさんの正体を知って、社長室で怒りを爆発させるなど、性格は意外とハッキリしている。

恋愛事件簿

恋愛
事件簿

「君を幸せにする自信はないが、ボクが幸せになる自信がある」とは、ハマちゃんのみち子さんへのプロポーズの言葉。風光明美な高松の一軒家から、東京品川のマンション暮らしになっても、ハマちゃんとみち子さんは、住めば都とラブラブの毎日を過ごしている。

あのひとシリーズ

  • 前原運転手
  • 太田八郎
  • 佐々木課長
  • ハマちゃん宴会芸

太田八郎

ハマちゃんの家のほど近くにある、釣り船・太田丸の船長・太田八郎(中本賢)は、ハマちゃんから可愛い女の子を紹介してあげるという誘いにのって、品川から日本橋の鈴木建設本社まで、ついついハマちゃんをボートで送ってしまう。

釣果

  • クロダイ
  • ヒラメ
  • シロギス

魚かいせつ

黒鯛はスズキ目・タイ科で、東アジア沿岸に分布する大型魚。日本ではチヌ(茅渟)と呼ばれ、刺身、塩焼き、煮付けとあらゆる料理に最適。丸一匹使った炊き込みご飯「ちぬ飯」は、瀬戸内海の御馳走。スーさんの釣りデビューで釣り上げるのは東京湾のカレイ目・ヒラメ。鎌倉・七里ヶ浜でもシロギスを釣り上げる。

ロケーション

香川県

ロケ地解説

ハマちゃんは鈴木建設四国支社・高松営業所に勤務しており、趣味の釣りのために、高松港の沖合4キロにある、瀬戸内海の小島・女木島に一戸建てを購入。女木島は、桃太郎が鬼征伐に来たという通称「鬼が島」と呼ばれている島。
毎朝、釣りを楽しんでから出社するという日々だった。しかし、本社のコンピューターの手違いで、東京本社の営業三課に転勤が決まって、マイホームに別れを告げる。

当時の世相

昭和63年の
できごと

1月 ソ連、ゴルバチョフ政権下でペレストロイカ開始。
2月 カルガリー冬季オリンピック。
3月 青函トンネル開通、東京ドーム完成。
4月 瀬戸大橋開通。
7月 なだしお事件。
8月 イラン、イラク戦争停戦。
*リクルート事件、地方博ブーム。

データ

公開日 1988年8月4日
上映時間 93分/シネマスコープ/モノラル
同時上映 『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』
スタッフ 監督:栗山富夫
製作:山内静夫
プロデューサー:瀬島光雄、中川滋弘
原作:作/やまさき十三 画/北見けんいち 小学館「ビッグコミックオリジナル」連載
脚本:山田洋次、桃井 章
撮影:安田浩助
美術:重田重盛
音楽:三木敏悟 エンディングテーマ「Something Will Be Together」
照明:飯島興一
録音:高橋和久
編集:鶴田益一
スチール:赤井溥旦
企画協力:日本映像(株)
キャスト 西田敏行 (浜崎伝助)
石田えり (浜崎みち子)
谷 啓 (営業三課長・佐々木和男)
山瀬まみ (営業三課・久美子)
戸川 純 (営業三課・恵)
園田裕久 (草森秘書)
笹野高史 (前原運転手)
前田武彦 (秋山専務)
児玉謙次 (小池常務)
大塚国夫 (福間人事部長)
佐々木勝彦 (宇田川人事課長)
名古屋章 (野口所長)
鈴木ヒロミツ (柏木課長)
丹野由之 (営業三課・笹原)
江戸家猫八 (太田善吉)
アパッチけん (太田八郎)
丹阿弥谷津子 (鈴木久江)
三國連太郎 (鈴木一之肋)